脂肪燃焼に最適な下半身トレーニング

筋肉量が最も多い

消費カロリーが高い

下半身のトレーニングは筋トレをする時に何かと後回しにしてしまう人が多いです。

特に男性の場合は最初に上半身を鍛えようとする人が多いです。

なぜならば下半身はあまり見られることが無いからです。

どうせならば見られる上半身側を鍛えたいと思うのは当然だとも言えるでしょう。身体が元々細くて太くしたい!と言う人は確かにいいかもしれませんが、身体を絞り込んで引き締めたいと思っている人は間違っています。

身体を絞り込むにはまず下半身からトレーニングをするのが一番大切です。

下半身はとても大事ですのでむしろ重点的に鍛えるようにしましょう。

下半身をなぜ重要視するのかと言うと体の中で最も大きな筋肉が集中しているからです。健康的な身体作りと身体能力を大きく向上させる上でも大切なんです。

人体の実に7割の筋肉が足に集中していると言われています。

是非とも脂肪燃焼をして痩せやすい身体作りをしようと思ったら下半身トレーニングから初めていきましょう。

そして下半身トレーニングの素晴らしい点としてわざわざジムに行かなくても自宅でトレーニングをする事が出来るという点です。

筋トレの代表とも言えるスクワットで十分鍛えることが出来るからです。

ただし、普段多くの人がスクワットのやり方を間違って行っています。負荷が逃げてしまったり、腰を痛めるやり方をしている人が多いのでしっかりと覚えておきましょう。

正しいフォームでスクワットを行えば早い人で1週間ほどで効果が表われはじめます。

消費カロリーが非常に高いのでスクワット1回分が腹筋の50回から100回に匹敵するとまで言われているのですからいかにスクワットが効果が高いかが分かることでしょう。

【スクワットのやり方】
▼動画はこちら▼

  1. 肩幅と同じ程度に広げる
  2. 足先をまっすぐ、もしくはやや外側に向ける
  3. 背中を伸ばしてしっかりとまっすぐに伸ばす
  4. 腕の位置は前に突き出す
  5. ゆっくりと息を吐きながら下ろしす。
  6. 地面と太ももとが平行になるまで上体を下げていく。この時に顔を下げないように前を向く
  7. 息を吐きながら戻っていくが足が伸びきらない程度まで行ったらまた下ろす
  8. 20回を1セット×3繰り返す

スクワットは間違ったフォームで行うと負荷が逃げるだけではなくて、腰を痛める危険性があります。

抑えておきたいポイントとして、膝がつま先よりも前に出ないように腰を落として背中は丸めないことを意識しましょう。

また反動で起き上がろうとはしないで一つ一つの動作をゆっくりと行うようにしましょう。

回数を意識をするのではなくてフォームが一番大事です。

正しいフォームで行えば最初は20回出来ないかもしれません。

それほど正しいフォームは負荷がキツいのです。

下半身トレーニングは人体の中で最も筋肉が多いので痩せやすい身体作りを目指している人はまずはしっかりと下半身から鍛えていきましょう。

【まとめ】
全てのトレーニングをする上で一番最初にトレーニングをして欲しいのが下半身トレーニングであり、スクワットです。

そして常にスクワットは筋トレに取り入れて欲しいほど重要なものですのでしっかりと行うようにしましょう。

スクワットで筋肉痛にならなかった時はきっと身体はある程度絞り込めていけることでしょう。