怪我を防ぐ大事なストレッチ

筋トレに怪我はつきもの

大怪我して長期離脱することを防ぐ

筋トレや運動をする上でとても大切なこと。それはストレッチです。

筋トレや運動をしていれば当然怪我になる可能性は起こります。

ついついスポーツや筋トレをしようと思ったら早く鍛えたいとか少しでも運動量を増やしたいと思ってストレッチが疎かになってしまいます。

しかし、筋トレや運動と言うのは怪我1つでパフォーマンスが大きく低下するだけではなくて酷い怪我の場合は長期的な休みをしなくてはいけませんね。

たとえば捻挫1つでランニングをする事が出来ませんよね。

足を鍛えることが出来なくなるだけではなくて腕立てなども出来ませんし、上半身をダンベルで鍛えようと思っても踏ん張れませんし、集中して出来ません。

ストレッチを疎かにしてしまったことで怪我になって長期休みとなってしまったらモチベーションも低下してしまいますよね。

トレーナーによっては運動よりもストレッチのほうが大事だという人もいるほどとても大切なのです。

ストレッチには怪我の予防だけではなくて身体を柔らかくする効果もありますし、筋肉にこれから運動をしますよという合図を起こることにもなります。

またインナーマッスルを鍛えることにも繋がりますのでとてもストレッチは大事なんです。

是非とも運動前と運動後の効果的なストレッチ方法を紹介していきます。

【運動前のストレッチ】

運動前に取り入れたほうが良いストレッチは「動的ストレッチ」と呼ばれるものです。

「動的ストレッチ」というのは簡単に言うとある程度筋肉を刺激をしていく必要があります。足や肩周りを動かすことで寝ている筋肉を動かす必要があるのです。

詳しくは動画を見たほうが分かりやすいと思います。


【運動後のストレッチ】

筋トレ後に取り入れるた方が良いストレッチは「静的ストレッチ」と呼ばれるものです。

「静的ストレッチ」というのは筋肉をほぐして伸ばしてあげるということが大事なんです。柔軟をしてあげることが大事です。

詳しくは動画を見たほうが分かりやすいと思います。


目的に応じてストレッチを変えてあげることがとても大事になってきます。怪我の予防だったり、筋肉痛を緩和させたりすることになります。

特にランニングをして家に帰ったらすぐにお風呂に入ると思いますが、お風呂から上がってゆっくりとしている時は「静的ストレッチ」を行うようにすることが大事になります。

絶対にしてはいけないのが無理に身体を伸ばそうとすることです。

逆に筋肉を傷めてしまうことにもなります。

さらに言えば静的ストレッチをする時にはリラックス効果のあるスピリチュアルな音楽をかけて部屋を暗くしてゆっくりとストレッチをすることで気持ちも穏やかになり落ち着くと思います。

運動をした達成感と気持ち良いと思えるストレッチをすることで心身ともにリフレッシュをしましょう。

ストレッチを入念に行うことで長くパフォーマンスの高い運動することが出来ると思いましょう。

【まとめ】
ストレッチはついついないがしろにしてしまいがちですが、怪我の防止以外にも気持ちを落ち着かせたり、身体を柔らかくしたり、リラックス効果も生まれるので運動前と運動後をしっかりと使い分けるようにしましょう。